固定費の変動費化してますか?

大企業は、薄利多売できても、中小企業はそんなことはできません。

多く売上高を上げようとすれば広告宣伝費もかかる。人件費もかかります。

だからこそ、中小零細企業は、厚利少売が基本なのです。

損益分岐点をご存じかと思いますが、売上高から変動費を引いたものが粗利益。

粗利益で固定費を賄うのです。粗利益と固定費が同じで利益は0円。

このベースラインを損益分岐点というのです。

固定費がなければどうか。損益分岐点はありません。つまり、固定費をできる限り変動費化することが中小企業が考え抜くべき内容かと実感します。難しいです。

この損益分岐点だけでなく、経営全般について、もっと大家さんには知っていただきたいと思っています。

そのために、毎月勉強会を開催しております。ご参加お待ちしております。

関連記事

  1. 子供や孫への贈与とその注意点
  2. 経営者と日々の生活習慣
  3. 大家さん共通の悩み
  4. これからの金融機関とのお付き合いの仕方
  5. 金融機関の今の動向
  6. 「メガバンクが採用減らす」小さなつぶやきから何がわかる?
  7. いよいよ平成30年の税制改正、その背景を考えましょう。
  8. 事業所得と不動産所得(事業的規模でない)があった場合の青色申告特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP